【山怖】迫りくる悪魔の恐怖「山の中国人」

山岳地帯の多い日本は、太古の昔より山と暮らしてきた。

現在でも狩猟や山菜取り、そして登山などのスポーツでも山に親しんでいる人は多い。しかし、時に山は我々人間に牙をむくことも少なくない。今回の話は、山に住んでいる謎の人物に命を狙われることになった老人の話である。

ジャンル:山にまつわる怖い話

長さ:★★☆☆☆

怖さ:★★★★☆

迫りくる悪魔の恐怖「山の中国人」

うちのジイサンの話だが、聞いたのは親父からだ。
ジイサンの住んでた実家は北陸のほうなんだが場所はちょっと勘弁してくれ。
ジイサンが40代の頃、自分の持ち山に入って山菜採りをしていた。
それが夕方になって青い顔をして帰ってきて、履物を脱ぐなり「山の中国人に目をつけられた」と言った。
家の者は誰もその意味がわからなかった。
その地方には山に中国人が住んでるという言い伝えのようなものはなかったし、見た人もいなかったから、ほとんど外国人が住んでいるとこではなかったんだ。
ジイサンは若いころ台湾にいたことがあり、それと何か関係があるのかもしれないと親父は思ったそうだ。

翌日から、ジイサンは家(藁葺き農家)の戸締まりを厳重にし、常に山刀を持ち歩くようになった。 それと外出を避けるようになったが、これは田仕事があるんで出ないわけにもいかない。

それでも日が落ちてからは外出しないし、なるべく人と連れ立って歩くようになり、山には絶対に行かなかった。
2週間くらいして、家の田んぼに立てていた案山子に赤黒い液体がかけられているということがあった。 ジイサンが見つけたんだが、田んぼの中にまで流れ込んですごい量だったらしい。
獣か人間の血ではなのだろうとジイサンは言っていたそうだ。

このことがあってジイサンの精神状態はかなり悪化して、夜中にとび起きて、包丁を振り回すということまであったそうだ。
それからまたしばらくして、朝外に出たら、家の表戸に大量の血がかけられているということがあった。

見つけたのは親父で、読めなかったが、血で汚れた戸には漢字だけで書かれた護符のようなのが貼られていたんだと、親父はすぐにジイサンに知らせ、ジイサンは様子を見るなり意を決したように竹竿の先に包丁を縛りつけた手製の槍?を持って、家族が止めるのも聞かずに、握り飯を背負って山に入っていったそうだ。

その日夜になってもジイサンが返ってこないんで、家のものが村役に知らせ、翌日村の若者組による大々的な捜索があった。
家の持と山では見つからなかったが、遅くなってから近くの谷の渓流沿いで、大木に縛りつけられて死んでいるジイサンが見つかった。
足だけが上のほうの幹に縛られた逆吊りで、鋭利な刃物で内蔵がすっかり抜かれていたという。
その木の周りには紙の護符がたくさん散らばっていたんだそうだ。
もちろん村の駐在で事足りる話ではなく、県の警察がきて調べ、家族は一連のことについていろいろ聞かれたがまったく手がかりはなく、犯人は捕まらなかった。
当時の新聞にも載った事件らしい。
親父はその後成人して、「山の中国人」につてかなり調べたらしいがわかったことは教えてくれなかった。

参考:山にまつわる怖い・不思議な話Part73

山の中国人 解説

ネットで山の中国人と検索してもそれらしい情報は何も出てこない。

話の主人公、ジイサンはなぜ中国人だと分かったのか?帰ってきて突然「山の中国人に目をつけられた」という言葉を出しているので、山に住み着いている中国人ではなく、この世のものではない可能性の方が高い。

【仮説】

・若い頃住んでいたという台湾で目をつけられた悪霊の一種

・土地に伝わる邪神のようなもの

・山に隠れている殺し屋集団のアジトを偶然見つけてしまい口封じのために命を狙われることになった

ジイサンの口からは何も語られていないので判然としない。ジイサンの息子がしてから山の中国人についてかなり調べたが分かった事は何も教えてくれなかったという話で締めくくられているので、ある程度調べて分かったことが伺える。

このことから、山の中国人とは「土地に伝わる邪神」説が一番しっくり来るのではないか?と思われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする