ガチンコ霊対決!豪快な守護霊VS怖いおばさんの幽霊

心霊現象と言うのはいつ我が身に起こるかわからない。

怖い話の定番になっている「肝試しに行った後に憑かれた」という場合は多少なりとも自覚があるだろう。しかし、まったく見ず知らずの幽霊に悩まされるという事も少なくない。

今回の話も、顔も名前も、ましてや接点もない幽霊に悩まされ続けた少女の体験談である。

ジャンル:怖い話
怖さ:★★☆☆☆
長さ:★★☆☆☆

最強の守護霊VSおばさんの幽霊

去年の話なんだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。
そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。
「ひょっとして医者の誤診では?何か別の重い病気かも…」
と思い、大学病院まで行ったけど特に悪い所も見付からない。なのに下がらない娘の熱。
どうしたものか…と妻と一緒に頭を悩ませていた。
そして5日目の朝、妻が言いにくそうに俺にこう言った。

『アンタには言ずらかってんけど、○○がな、怖がってんねん…』
「何を?」
『部屋に怖いオバちゃんがおるって…ベットの横に立ってて怖いって。』
「はぁ?何ソレ?」

俺は昔からあまり霊現象とか信じない性質だったので、妻は黙ってたみたいだが、俺が仕事に行ってる間、娘の看病をしていた妻は、娘から何度かそう言われて困っていたらしい。
しかしその朝は、熱のせいで見える幻覚の類だと思い妻にもそう言って、俺は仕事に行った。

でもやっぱりソレが何となく気になって仕事がはかどらず、そして5日も苦しんでいる娘を救ってやりたくて俺は顔見知りの、自称霊能者に連絡を取った。
奴はその日の夜に来てくれて、娘の部屋を見るなり「やっかいな霊の気配がする。」
と言い出し、やれ盛塩だ、やれ読経だと言い残し帰っていった。
そしてそれから2日。
俺は半信半疑ながらも妻と一緒に言われた事を全てやっていたが効果は見られず。娘の熱は下がらないまま、遂に精密検査を兼ねた入院措置を取る事となった。

しかし悪い所は見付からない。
そして病院に来ても、娘は「怖いオバちゃんがいる」と言い続け、俺も妻も精神的に参っていた。
病室で情けなくも頭を抱えながら「誰か何とかしてくれ…」と心の中で泣きそうになりながら叫ぶ。
このまま娘は死んでしまうのかと不安でいっぱいだった。

しかしその2日後、嘘のように娘の熱が下がった。
そして娘は言った。
「昨日、太いお姉ちゃんが来て、オバちゃん連れて行った。」
俺と妻は「?」になりながらも娘の話をよく聴くと何でも昨日の夕方頃、急に太った女が病室に現れ横にいた怖いオバサンにボソボソ呟くと、半ば強引に連れて行ったらしい。
そしてすぐにもう一度現れて、
『もう大丈夫やで。辛かったな。』
と娘の頬を撫で、病室を出て行った…という事だった。
それを聴いて妻は、
「どなたか分かりませんが、ありがとう」
と呟き、手を合わせ涙を流していた。

俺にはその太った女に心当たりがあった。
それは10年前、俺が19の時、23歳にして交通事故で亡くなった姉。
太った女と聞いて、もしかしたらと思い、娘に姉の特徴を言ってみた所おおよその所、姉に間違いなし。
物凄く気が強かった人だったため、『半ば強引に連れて行った』というのもなんだか分かる気がした。
俺はその後すぐに姉の眠る墓へ行き、姉に礼を言いそして霊の存在を信じるようになった。

「死ね!」が口グセの姉、知らない男と殴り合いの喧嘩をする姉、老人と動物以外には容赦ない姉、そして子供が死ぬほど嫌いな姉…
そんな恐ろしい姉でも姪は可愛かったんだな…
姉ちゃん、マジでありがとう。

娘を苦しめていた原因(?)のオバサンは、その後…姉にどうされたんだろうか…

参考:心霊ちょっといい話 ver.6

最強の守護霊VSおばさんの幽霊 解説

この話の主人公の少女は「怖いおばさん」の幽霊に取りつかれ高熱に倒れたが、病院で少女が「太いお姉ちゃん」と表現した女性が強引に怖いおばさんを連れ去ってしまい救われたというもの。

「太いお姉ちゃん」という方は、少女の父親の亡くなった姉であったという結論で話は終わっている。

太いお姉ちゃんは子供が大嫌いだったので、守護霊を買って出るような性格ではないため、少女のガイド(守護霊)ではなく、怖いおばさんの気まぐれな攻撃にブチ切れたお姉さんの幽霊が怖いおばさんと戦って見事に勝利し姪を救ったという豪快な幽霊話。

父親のお姉さんは生前から豪快な性格だった事が伺えるが、死んでもなお豪快な性格のままで、助け方も霊VS霊とは思えないような力技の戦い方なので読んでいて気持ちが良い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする