危険な好奇心!興味本位で心霊スポットへ行った結果

心霊スポットには2種類ある。
何らかの理由により幽霊の出現などの怪奇現象が頻発するようになったスポット。そして、もう1つは特に理由は無いが、不気味であるという噂が立ち、それに引寄せられるようにして霊が集まり、出るようになってしまったスポット。
不気味な雰囲気が漂う廃墟などは後者であろう…。

今回の話は、興味本位で廃墟へ出かけて恐怖体験をしてしまった男女の実録である。

ジャンル:洒落にならない怖い話
怖さ:★★★☆☆
長さ:★★★☆☆

興味本位で心霊スポットへ行った結果

オレの親戚の話です。
一昨年の夏、親戚がオレの住む地方に友達6人(男女3:3)で旅行にきました。
親戚とその友達は移動中に怖い話で盛り上がったらしく、会うやいなやノリノリで、「ここらへんで心霊スポットとかない?」と聞いてきました。
そこでオレは地元の人はほとんど近寄ることがない廃墟の館を紹介しました。

そこは夏の間ヤンキーのたまり場にもなるので霊体験とは無縁だと思ったからです。夜まではオレも親戚とその友達と花火をしたり遊んでいましたが、夜中の一時を回った頃いよいよ出発することになりました。

オレは子供の頃に親に冗談半分で連れて行かれ、吐き気や目眩、そして寒気等に襲われた経験があるため断りました。

ここからは聞いた話です。
森の中にあるその廃墟に続く道路には当然の様に明かりなどなく、ノリノリだったテンションが一気に下がるほど真っ暗だったそうです。
でも事前に「ヤンキーとかがいるかもよ」というオレの話を聞いて「向こうにはきっとオレたち以外にも人はいるだろう」ということで引き返すことなく現場に到着。
ですが、そこにはヤンキーの影はなく、ただただ静寂だけがあったとのこと。

田舎なので月明かりが明るいはずなのですが、森に覆われて月明かりも頼りにならない。そこで車のエンジンをかけっぱなしにして、ライトを点けておくことにしました。
でもそんな状況下ではさすがに怖くなって「帰ろう」という人もいたようです。

そんなちょっとしたパニックの中で親戚はどうも変にテンションが上がってしまったらしく女の子にいいとこを見せたいという気持ちもあいまってその廃墟の中に入ることを決めたそうです。

結局中に入ったのは男2人だけで残りの四人は外で待っていることに。

その廃墟は二階半のかなり立派なつくりで二階にはバルコニーもありました。
最初はビビリまくっていた親戚も持ってきた懐中電灯で照らしながら進むにつれ恐怖にもなれてきたらしくドンドン進んでいったようです。

中にはヤンキーのたまり場らしく当て字の漢字の落書きや下手なドラえもんがいたるところに書いてありそれも恐怖心を紛らわしてくれたとのことです。

で、ほぼ廃墟の中を見終わりバルコニーに出て外の友達におちゃらけながら「何も出なかったよー」とかなんとかそんなことを言ったそうです。

でも車のライトがまぶしかったのと、車のエンジン音がうるさかったため、外の友達のリアクションは全然分からなかったみたいです外に出て「○○君スゴーイ!勇気あるー」とか賛美されることを期待していた親戚を待っていたのは、うつむいて泣きそうになっている女友達3人と顔面蒼白になってあわてている男友達でした。
そのただならない雰囲気を察した親戚は「何かあったの?」と聞くと、外で待っていた男友達はこう答えたそうです。

「オマエらがそこのバルコニーでこっちに向かって手を振っているとき、その後ろに白くぼんやりと光っている女の人が立ってたんだよ・・・」

その話を聞いたとたん車のエンジンがボンッ!と音を立てて落ちてしまい、月明かりすら入ってこないその廃墟前は親戚達の叫び声だけが響いていたそうです。

パニックになりながらも全員が車の中に逃げ込み、エンジンをかけようとします。でも当然のようにエンジンはかからず、みんな体育座りのような姿勢で震えながら「ごめんなさい」や「すいません」を口々に連呼していたとのこと。
そして5分くらい経った頃、今度は何もしていないのにエンジンがかかったそうです。
そしてそのまま謝るというより、叫びながら車を発車させ逃げ帰ったきたのです。

オレはこの話を聞いたときも相当怖かったですがその後廃墟帰りの親戚に呼び出され半狂乱の男女6人に理由も分からないまま真夜中の駐車場で説教を受けたことが一番怖かったです。

参考:NAVERまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする