エレベーターにまつわる怖い話 小窓に映る女の顔

高層マンションなどではエレベーターはなくてはならない必需品だが、完全に密室状態となるため、一度不可解な現象が起きてしまったら逃げ場はどこにも無い。

ワイヤーを使い上下させるシステムのため、莫大な電磁波が発生するせいかエレベーターにまつわる怪談は非常に多い。

今回の話は、エレベーターの小窓に、ありえないモノを見てしまった男性の恐怖体験である。

ジャンル:怖い話
怖さ:★★☆☆☆
長さ:★★☆☆☆

エレベーターにまつわる怖い話 小窓に映る女の顔

ドアに小窓がついたタイプのエレベーターは皆知ってるよな?
乗ってくる人が見えるやつ。
うちのマンションのエレベーターがまさにそのタイプなんだが、あれって上がってる時も下ってる時も、「フロアとフロアの間は窓の外が暗くなって、乗ってる自分の顔が窓に反射して見える」んだ。
わかる人はわかると思うが。
俺はその現象を利用して、出勤前は身だしなみのちょっとした確認をしたり、帰宅時には自分の疲れた顔をぼんやり眺めたりしてたんだが、あるときから、帰宅時、上がっていくエレベーターの中で、俺の後ろに顔が崩れた女の姿が見えるようになった。当然、後ろには誰も居ないのに。
俺の部屋は15階にあるんだが、上がっている間じゅう、フロアとフロアの間の暗がりの中でぐちゃぐちゃの女の顔が俺を睨んでるのが見えた。
しかも、階が上がっていくにつれて、どんどん俺のほうに近づいてくるんだ。

きまって、俺のすぐ背後まで来たぐらいのところで、15階に辿り着く。
ドアが開いた瞬間、俺は逃げるようにフロアへ出て、部屋までダッシュで帰ってた。

最初は幻覚か、疲れのせいかと思っていたんだが、毎日のように続いたんでもうノイローゼ気味になってしまって、仕方なく別の場所にある引越し荷物用のエレベーターを使うようになった。こっちは窓がついていないから反射するものもなく、今のところ幸いなにも起こっていない。

ただ、これからずっと引越し用のエレベーターを使う気はない。
いずれ落ち着いたら、また例のエレベーターに乗ってみようと思っている。
幻覚なのかそれとも心霊的なものなのかを確かめたいのと、もうひとつ、あの女が俺の背後に付いたら、その後どうなるのかを確かめてみたい。

参考:NAVERまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする