【廃墟にまつわる怖い話】炭鉱跡に現れる血だらけの男

世界遺産に登録され一気に観光客の増えた軍艦島や万田炭鉱をはじめ、九州地方には炭鉱の跡が非常に多い。坑道は封鎖され中を見ることはほぼ出来ないが、炭鉱住宅や、やぐらと言った炭鉱の名残はまだまだ沢山残っている。
炭鉱には事故がつき物。
それゆえ、怪談話が跡を立たない。

今回の話は、そんな炭鉱跡で血だらけの男を目撃してしまった子供の話である。

ジャンル:廃墟にまつわる怖い話
怖さ:★★☆☆☆
長さ:★★☆☆☆

【廃墟にまつわる怖い話】炭鉱跡に現れる血だらけの男

小5の時、よく学校終わってから友達4人で、近所の炭鉱跡の山で遊んでた。
山の中腹の側面にデッカイ穴が開いてて、覗くと深さは5メートルくらいだった。

ある日、穴に入ってみようってなって、ロープとライトを持って山に行った。

俺が一番に穴に入ることになった。
ロープを木に結んでロープを掴んで降りてたら、何かに脚を掴まれた気がして、
ビックリして足を滑らせて底に落ちてしまった。
俺は全身擦り傷、左足捻挫、右腕はパックリと8センチ程切れ、血まみれだった。
両方の掌は、落ちる時ロープを握っていたから、ヒドイ擦過傷で火傷みたいに痛かった。

パニクりながらライトを点けると横穴があって、奥で何かがゆらゆらと揺れていた。
「大丈夫か?」と聴く友達。俺は強がって、「大丈夫!早くみんな降りて来いよ」と言う。
その声は激痛と恐怖で震えていた。
本当は叫びたかったが、友達が逃げだして穴の中に取り残されるかもと思ったから、必死に我慢した。
「お前、顔血だらけやんか!早く上がって来い!」と、誰も降りて来ない。
「OK!上がる。でも頼むから、俺をずっと見とってくれ。何処にも行かんでくれ!」と半泣きな俺。
友達3人は、交代しながら俺を見ていてくれた。
もうロープを握る事が出来ない俺は、底にある岩を血まみれの手で階段状に積み上げていった。

1メートル程積み上げたところで、日が暮れだした。積み上げは止めて、必死で這い上がった。
やっと友達の顔が近くに見えたとき、俺は安堵感からか、激痛と疲労で動けなくなった。
何やってんだと、友達3人が俺の腕を引っ張り上げてくれ、もう少しで出れると思ったとき、
「うわぁああ!」と2人が叫んで走って逃げて行った。
また落ちそうになったが、1人だけ俺を引っ張り出してくれた。
「ありがとな」とその子を見ると、その子は俺の後を目を見開いて見ていた。
俺は怖くて振り向くことが出来なかった。

その子に肩を借りて急いで山を降りた。
何を見たのか聴くと、「血まみれのおっさん…もうおらん」と言った。

家に帰ると、もう19時過ぎていた。
血だらけの俺を見て、両親が何処で何をしてたかと聴くので、全て話すと、母が俺を外に出し、全身に塩をかけまくった。傷に塩が滲みて地獄だった!

昔、その炭鉱では事故で何人もの死者が出たと、母から聞いた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする