【幽霊船】死を呼ぶ帆船!?古くから伝わる言い伝えを破った結果

古い歴史を持つ農村や漁村には不思議な言い伝えが残っており、現代にまで受け継がれている場合も少なくない。単なる迷信である場合も多いが、言い伝えが本物であった場合、命に係わる恐怖体験をしてしまいかねない。
理由不明の言い伝えは安易に破らないことをお勧めする・・・。

ジャンル:海にまつわる怖い話
怖さ:★☆☆☆☆
長さ:★★☆☆☆

死を呼ぶ帆船!?古くから伝わる言い伝えを破った結果

何年か前に、父(他界)に聞いた話。

父が子供の頃、近所に漁師のおっちゃんがいて偏屈だったけど父は可愛がられていた。
その地方(山口県のある所)では、雨の降る日には絶対に船を出してはいけないといい伝えがあったらしい。どの程度の天気とかなぜとかは不明・・・。
ある日、そのヤバイ雨の日にその偏屈な漁師が船を出すとか言い張ってみんなが反対するのを振り切って船を出したらしい。

行ってすぐに戻ってきたみたいだが、様子がおかしかったのでみんなが聞いても何にも言わなかったみたいだが、父だけには話してくれた。
そのおっちゃんが船をだして、ちょっとしたら霧が出てきて海岸からは見えなかったみたいだが、沖に向かっていくと帆をはったすごく大きな船がいきなり見えて、誰も人は見えなかったが帆の部分に「南無阿弥陀仏」て書いてあったそうだ。
そのおっちゃんでも、さすがに怖くなってこれ以上はやばいと思いすぐに引き返してきた。

無事に戻れてよかったと言ってたそうだが、父に話をした後、次の日に漁に出てスクリューに巻き込まれて死んだらしい・・・・。

参考:海にまつわる怖い話・不思議な話 16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする